アウタースプリングプローブで精度向上と長寿命化を両立

case_jigu_background
  測定値のバラツキが想定以上に大きくひたすらプローブばかり交換している。
  交換コスト・交換時間ばかりかかり、量産数が予定に達しない状況が続いていた。

case_jigu_case
  測定条件に合ったプローブを選定していないことが原因です。測定条件が変わった
  (抵抗値の許容範囲が厳しっくなった)にも関わらず過去に使用していた
  インナータイププローブをそのまま使用していた。
  インナープローブは抵抗値を低く安定させることには不向きです。
  コンタクトプローブ本体が一体型のアウタースプリング構造のプローブに変更し、
  かつ測定物の材質・表面処理・形状にあった、先端形状・荷重の
  プローブを選定することで解決しました。

原因


uchispring
shitayaji

対策


許容レンジが数mΩと非常に小さい精密測定を行なう場合には、よく相談をうける案件です。
sotospring

case_jigu_result
  プローブ本体が一体型のため、回路上に余分な部品がなくなり、
  長時間・長期間使用しても安定した測定を維持することが可能になります。